第17回麻酔科学サマーセミナー

世話人挨拶▷ ページを更新する

代表世話人

国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター麻酔科

讃岐美智義

麻酔科学サマーセミナーは、全国の麻酔科医のホットな交流をコンセプトに、沖縄の地で通常の学会では得られないオープンな雰囲気と本音のディスカッションを繰り広げています。今年はテーマを、思い切って「麻酔の夏。沖縄の夏。」といたしました。

さて、今年は第38回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会(JSTA38)に引き続き、同会場で麻酔科学サマーセミナーを開催いたします。それぞれの会の母体は異なりますが、麻酔科学サマーセミナーは日本麻酔・集中治療テクノロジー学会の後援を受けております関係から共通するテーマも多いと考えています。JSTA38は2020年6月25日17:00から6月27日まで、サマーセミナーは6月26日17:00から6月28日までと一部の日程が重なっております(JSTA38のポスターセッション[6月27日夕刻]とサマーセミナーのBLS[6月26日12:00~17:15]のみ2学会で同時進行になりますが、それ以外はプログラムは重なっておりません)。また、どちらの学会からも応募できるアイデアコンテスト(JSTA38主催)とフォトコンテスト(サマーセミナー主催)を企画しました。いずれも、優秀な演題やコンテスト作品には各種の賞(賞状と副賞)を授与いたします。いずれの学会にも充実したセミナーを企画しております。JSTA38では、麻酔効果のモニタリング(イブニングバトル:6/25夕刻)という筋弛緩と脳波モニターの複数社の同時セミナーや麻酔科医療に役立つウェアラブル(ウェアラブルの伝道師:塚本昌彦教授による基調講演と公募シンポジウム)麻酔記録から自動麻酔へ(シンポジウム)という麻酔科の将来を見据えた必見企画を用意しました。サマーセミナーでは恒例のバトルオンセミナー(2台持ち時代のビデオ喉頭鏡:6/27夕刻)や6/26夕刻の必見の声門上器具セミナー、6/28朝の意識下挿管のセミナーといった、麻酔科医なら誰でも楽しめる気道関連のセミナーが目白押しです。今年もサマーセミナーは期待できると世話人は確信しております。その他にも、新たな試みとして、サマーセミナーの情報交換会は万国津梁館から飛び出し、昨年の夏に近隣にオープンしたハレクラニ沖縄での開催を予定しています。例年にも増して全国の麻酔科医や麻酔科医療にかかわるコメディカル、企業の方々の参加が期待されます。6月25日~6月28日に開催される第38回日本麻酔・集中治療学会と第17回麻酔科学サマーセミナーにご参加いただきますようお願い申し上げます。なお、セットで参加される方には、参加費の割引もございます。ぜひ、今年こそはと考えている皆様、これまでのリピーターの皆様、すべての世代の麻酔科医療にかかわる皆様の多数のご参加を世話人一同、お持ちしています。

令和2年1月吉日

リンク

開催会場

万国津梁館
沖縄県名護市喜瀬1792

お問い合わせ

麻酔科学サマーセミナー事務局
札幌医科大学医学部
麻酔科学講座内
TEL:011-611-2111
(内線 35680)
FAX:011-631-9683
E-mail:summerseminar-office@sapmed.ac.jp

© 第17回麻酔科学サマーセミナー
Produced by Secand Co Ltd

arrow_upward

トップ