第17回麻酔科学サマーセミナー

プログラム▷ ページを更新する

※2020年3月23日時点のプログラムです。今後、一部変更になる可能性があります

抄録集

抄録集はこちらからダウンロードできます。(準備中)

セミナー併催 AHA BLSプロバイダーコース

6月26日(金)12:00~17:15

参加申込みはこちら

インストラクター 中山 英人(埼玉医科大学)

静脈麻酔ハンズオンセミナー

6月27日(土)10:00~12:00

募集定員:10名

参加申込みはこちら

※受付開始までお待ちください。

コースディレクター 森本康裕(宇部興産中央病院)

インストラクター 鎌田ことえ(東北大学) 長尾瞳(関西医科大学)

毎年日本静脈麻酔学会で開催しているセミナーです。薬物動態シミュレーターによる実習とミニレクチャーを組み合わせてプロポフォール、レミフェンタニル、フェンタニルの薬物動態に基づく臨床使用法を学ぶことが出来ます。シミュレーターとしてiOS用のTIVAtrainerXを使用します。ご自分の端末(iPhone, iPad)にアプリ(有料)をインストールしてご参加下さい。事前に資料を送りますので使用法に慣れてから受講して下さい。

沖縄名物バトルオンセミナー「2台持ち時代のビデオ喉頭鏡」(共催:日本光電、センチュリーメディカル、コビディエンジャパン)

6月27日 土曜日 17:00~19:00

演者:鈴木昭広(東京慈恵会医科大学)、青山和義(北九州総合病院)、新井丈郎(獨協医科大学)

オーガナイザー: 讃岐美智義(呉医療センター)

セミナー

各種セミナーを予定しています。

●教育講演(共催:日本メディカルネクスト)

6月26日(金)

演者:金 史信(済生会兵庫県病院)

座長:(未定)

●教育講演(共催:大塚製薬工場)

6月26日(金)

演者:末廣浩一(大阪市大)

座長:(未定)

●教育講演(共催:GE Healthcare)

6月27日(土)

演者:木山秀哉(東京慈恵会医科大学)

座長:(未定)

●教育講演(共催:ニプロ)

6月28日(日)

演者:車 武丸(済生会松阪総合病院)

座長:(未定)

●教育講演(共催:エールメディカル)

6月28日(日)

演者:(未定)

座長:(未定)

一般演題・研修医セッション 6月27日(土)

発表形式はポスター(横90cm x 縦150cm)です。

研修医セッションでは、発表4分、討論2分を予定しています。一般演題は、ポスター前で質疑応答を行います。すべての演題から最優秀演題を1題、また、研修医セッションと一般演題それぞれから優秀演題を1題ずつ選びます。選ばれた演題は情報交換会で表彰を行い、賞品を進呈します。

アイデアコンテスト 6月27日(土)

発表形式はポスター(横90cm x 縦150cm)です。口頭発表はありません。

参加者全員の投票で、最優秀アイデア賞を選出し、情報交換会で表彰(賞状と賞品を進呈)します。また、最優秀アイデアに投票した方の中から抽選で1名に(限定オリジナル)賞品を進呈します。投票券は受付時に配布される、参加証についています。期日までに受付にある投票箱に入れてください。

フォトコンテスト 6月27日(土)

WEBサイトから作品を応募してください。→こちら

参加者全員の投票で、最優秀作品を選出し、情報交換会で表彰(賞状と賞品を進呈)します。また、最優秀作品に投票した方の中から抽選で1名に(限定オリジナル)賞品を進呈します。投票券は受付時に配布される、参加証についています。期日までに受付にある投票箱に入れてください。

情報交換会および表彰式

6月27日(土) 19:30〜

情報交換および麻酔科学サマーセミナーの各種表彰を行います。恒例の一般演題や研修医セッションの優秀賞、アイデアコンテストやフォトコンテストの優秀賞以外に、今年は麻酔科学サマーセミナーを通じてプレゼンテーションやファッション、質問や発言などで場を盛り上げていただいた方々も表彰対象です。

タイムテーブル (2月12日現在)

プログラムのダウンロードはこちら(PDF)(準備中)

リンク

開催会場

万国津梁館
沖縄県名護市喜瀬1792

お問い合わせ

麻酔科学サマーセミナー事務局
札幌医科大学医学部
麻酔科学講座内
TEL:011-611-2111
(内線 35680)
FAX:011-631-9683
E-mail:summerseminar-office@sapmed.ac.jp

© 第17回麻酔科学サマーセミナー
Produced by Secand Co Ltd

arrow_upward

トップ